回答者詳細

Ai Qualia

TOP > 回答者詳細

稲村隆行

拍手数138

回答数38

所属団体名 一般社団法人いきいきプラザ 代表理事
フリガナ イッパンシャダンホウジン イキイキプラザ ダイヒョウリジ
所在地 〒252-0807
神奈川県 藤沢市下土棚1745-1
電話番号 0466-53-9115
ホームページURL https://ikiikiplaza.jp/petsou/

プロフィール

シニアライフコーディネーター
藤沢市北部 海老名市、綾瀬市全域の地域密着型
高齢者向け相談所

#終活#健康#不用品処分#終活お悩み駆込み寺

回答一覧

顔を見せるだけで安心感与えます

TAKA.Aさんこんにちは 私は高齢者向け相談所で相談員をしております。高齢者、女性の方でしたらお話が好きな傾向にあります。 TAKA.Aさんが直接会ってお話ができるのであれば、それだけで高齢者の方に元気を与えていると思います。 趣味のことについてお話を振っているのですね。そこから話も広がるのでとてもいいですね。あとは話が終わらなくなってしまうかもしれませんが、昔話をしている時の高齢者の方は自然と笑顔になり、涙を潤ませお話してくれます。 その後はどこかスッキリとした表情になります。そこまで何を話そうか、って考えなくてもいいのではないでしょうか。 自然の流れでいいと思います。お話を聞くことも大事ですが、それ以上に顔を見せだけで安心感を与えられます。

質問:高齢者に生き甲斐を与えたい

回答3

どーんといきましょう

もすさんこんにちは 私は高齢者向け相談所で相談員をしております。 友達の作り方は若くても高齢になっても共通するところはあると思うので、高齢者向けセミナーで学んだことを共有させていただきます。 まず、年を取れば取るほど交友関係は少なくなってきます。特に男性は定年で退職してしまうと出かけなくなり、家にこもりがちになります。 もすさんは10代です。まだまだ先のお話なので頭の片隅に入れておいてください。 もすさんはこれから多くの人と接して社会に羽ばたいていくことでしょう。当たり障りのない会話はまず「天気」「天候」についてですが、もすさんは10代なのでなんでもいいと思いますよ。 天気について話をしたら逆に不自然かもしれません。最近の流行り、好きなことで会話は広がると思います。 あとはほんの少しの「話す勇気」ではないでしょうか。同じ境遇にいる人とは共通の話題も多いと思います。自然と連帯感や一体感も生まれ友達になる傾向があります。 友達になりたいから話かけるのではなく、他愛もない話をしているうちに自然と友達になると思いますよ。

質問:友達をつくりたい

回答4

認知症は治りませんが、進行を遅らせることができます

ひなぎくさんこんにちは 私は高齢者向け相談所で相談員を務めております。高齢者向けセミナーでも認知症は大きなトピックの一つになっております。 私は医者ではないのでセミナーで学んだ内容と、実体験を元にお話させていただきます。 今高齢者の4人に一人は認知症、又は軽度認知障害といわれています。 ひなぎくさんの場合、もしかしたら自分は認知症の始まりではないか、と心配されていますが、 大半の方は自分は認知症ではない、と認めない傾向があります。また軽度だから、と医者に診てもらわず進行を早めてしまうことがあります。 認知症は記憶が抜け落ちてしまうので、我々が普段感じている物忘れとは違います。 一昨日のお昼に何を食べたか思い出せますか?「んー、何だったかなぁ」と何を食べたか明確でなくても、きっかけがあれば思い出すことは可能だと思います。 こちらは物忘れで個人差はありますが、年齢と共に思い出す機能は低下します。 しかしそもそもお昼ご飯を食べたか、食べてないかがわからなくなると認知症の疑いがあります。 認知症にも種類があり、残念ながら根本的に治す治療法はありません。しかし進行を遅らせることは可能です。不安を軽減する為にも一度病院の先生に診てもらい、正しく怖がることで認知症を遅らせることに繋がります。

質問:最近、物忘れが多くなってきた

回答4

虹の橋でペットちゃんと会えるでしょう

プリメさんこんにちは、私は高齢者向け相談所兼ペット葬クオリアで、ペットちゃんのお見送りのお手伝いをさせていただいております。 まずペットちゃんに限らず人に対しても、自責の念は誰にでも持ち合わせています。 以前下記のようお坊さんが仰ってたことがあります。 人が亡くなり、特に近しい人が亡くなった場合、悲しみは計り知れません。しかしいつまでも悲しんでばかりいると故人様はいつまでも成仏出来ないそうです。 「悲しみが癒える=故人様が成仏できる」だそうです。これはペットちゃんにも当てはまると私は信じています。 今はしっかりとペットちゃんの供養をし、感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。ペットちゃんは「虹の橋」でご主人様のことを待っているといいます。 虹の橋でまた会った時、しっかりと抱きしめることができれば、ペットちゃんもきっと喜ぶことでしょう。こちらの動画もご覧ください。

質問:ペットロス

回答2

掃除と大股での早歩き

私は高齢者向け相談所の相談員を務めています。以前に高齢者向けセミナーに参加した時のお話を共有させていただければと思います。 脳梗塞や心筋梗塞はサイレントキラーと言われていますので、定期的に診察を受けることが望ましいと言われております。 しかしつい先日、お笑い芸人爆笑問題の田中裕二氏がくも膜下出血・脳梗塞で緊急搬送されたニュースも記憶に新しいのではないでしょうか。 毎年脳ドッグを受けていたにも関わらず脳梗塞を発症してしまいました。 どのようにしたら防げたのか...「遺伝」も関係していることから、一概に原因の特定は難しいと思います。 一般的に言われているのは「塩分の摂り過ぎは良くない」「コレステロール」値も気を付けなければ心疾患を患う危険性を伴います。 不摂生な生活をしていると健康には良くないことは皆さんご存知の通り。 おいしい物は基本的に塩分は多いと思っていたほうがいいでしょう。現代人の塩分摂取量は危険水準と言われています。 体を動かすことは大切です。運動が難しいなら自宅の掃除、実は掃除というのは思った以上に体を動かします。 戸建てであれば1階と2階を行ったり来たりと、筋肉や骨への刺激もあり、適度な運動量になります。家もきれいになり、一石二鳥ではないでしょうか。 外に出かけるのであればなるべく早歩きを心掛けることは良いと、言われています。 いきなりハードな運動は逆に心臓に負担をかけるだけなのでお勧めはできません。 自分に合った気楽に続けられる適度な運動を見つけましょう。

質問:健康について

回答2