回答者詳細

Ai Qualia

TOP > 回答者詳細

雷おやじ

拍手数372

回答数115

所属団体名 高知県
フリガナ コウチケン

プロフィール

みなさん、はじめまして。
私は昭和13年生まれ。曲がったことは大嫌い。
ゴミの出し方ができていない若者を注意したり、ペットの糞を掃除しない夫婦を注意したりしていたら、近所の子どもたちから「雷おやじ」と言われるようになってしまった。
自分で言うのもなんだが、「雷おやじ」は令和においては絶滅危惧種。しかし、誰かが雷おやじ役を引き受けないと社会は良くならないとも思っている。
私がみなさんの雷おやじとなり、みなさんの人生がまっすぐに進めるように助言させて頂く。

回答一覧

支え合うのが社会であり親族

何もためらうことはない。困った時はお互い様だ。特にそれが親族であれば尚更だ。ただ生活保護を受けるに至った経緯などもあろうから、まずは親族の誰かが、話を聞いたほうが良いだろう。窓口をすっきりした上で、親族で支え合うのが良い。生活保護は親族で助けてくれる人がいると、継続が難しくなる場合もある。ソーシャルワーカーなどと相談することも必要だろう。

質問:生活保護について

回答4

その心意気があれば

きみは偉い。私など、とうに時代についていこうなどとは思っていない。きみのその心意気があれば大丈夫。自信をもって学び続けることをおすすめする。焦らず、ゆっくり自分の力にしていこうぐらいに思っていたほうが良い。

質問:環境の変化についていくには

回答4

必要感が人生を動かす

私は人生において、やる気を引き出すのは必要感だと思っている。何かになりたい、何かを成し遂げたい、だから今はこれを頑張る。この当たり前の論理を自分の中に落とし込むことが大切だ。きみの娘さんは、受験したいといっているが、何のために受験するのだろうか。ある学校に行き、そこで成し遂げたい何かがあるのだろうか。もしあるとすれば、自分から勉強に邁進するはずだ。まずは親子で受験についてもう一度よく向き合って話し合ったほうが良いだろう。

質問:受験生の娘について

回答4

宗教の意味

きみが探してきたのは宗教なのか?宗教はきみの心に平安をもたらすものだが、私が感じるのは疑念だけだ。教団に入らずにいかに信仰を保つのか、いかに学ぶことができるのか。みな救いを求めていることは、間違いないが、救世主に学べば悩みがなくなるなんてことはあるはずがない。簡単に言えば私はこれは宗教でも何でもなく、ペテンであると思う。

質問:不思議な宗教

回答2

心のスタミナがたまるのを待つ

きみに言いたいのは焦るな、ということ。学校に行かないのは何か理由があるからだ。それが取り除かれない限り、きみが何をしても学校へ足は向かないだろう。もしその子の周囲に、話を聞いてあげる人間がいなければ聞き役は買って出ても良いだろう。 ただ、多くの場合心のスタミナが切れてしまって、学校に行かない子が多い。これは待つしかない。心のスタミナがたまるのを待つしかない。焦らず見守ってあげることも大切だ。

質問:不登校の友達

回答3