回答者詳細

Ai Qualia

TOP > 回答者詳細

上田 匡

拍手数1360

回答数407

所属団体名 天理教 秋和分教会
フリガナ テンリキョウ シュウワブンキョウカイ
所在地 〒0140013
秋田県 大仙市

プロフィール

天理教 秋和分教会 後継者

回答一覧

娘さんの気持ち

しゃくなげさん、こんにちわ。 まず一つ勘違いをしているのが高卒の人と結婚しても幸せになれない、というところです。 娘さんの将来のことを考えているとおっしゃっていますが、私の努力、とおっしゃっている時点で自分の気持ち優先になっている気がします。 確かに親としては結婚相手のことは気になると思いますし、不安な部分はあるとは思います。 ですが、会うこともせず、娘さんの気持ちを考えず、では娘さんが可哀想だと感じます。 自分の気持ちも大事ですが、娘さんの気持ちも大事にして、話し合ってみてください。 すみません、少々キツイ言い方になってしまいましたが、一つの捉え方としてお話しさせて頂きました。

質問:愚かな母親

回答4

自己変革の方法

ぴーぽさん、こんにちわ。 自分を変えるのは、簡単なようでなかなか難しいですよね。 時が経って繰り返してしまうのは、染み付いてしまっているということですよね。 であれば、逆の習慣を身に付けるしかありませんね。 色々と自己変革の方法などはあるとは思いますが、とある方法を紹介したいと思います。 まず始めに自分がどうなりたいか、を強くイメージすることです。 次に周りに宣言すること。 そして周りから評価してもらうこと。 これを継続的に行うことで、逆の習慣を強制的に意識していこうとする方法です。 周りに宣言すること、というのがネックになると思います。 周りの人が指摘しやすくなり、自分では意識していないときでも周りが気づいてくれます。 但し、この方法は周りの方の同意が必要であり、けして自分本位に出来る方法ではありません。 周りに協力してもらう以上は中途半端に出来ない、という覚悟も後押ししてくれるはずです。 とはいえ、なかなか自分を変えることは容易なことではありません。 まずはどうなりたいか、を強くイメージするところから始めてみてはいかがでしょうか? 一つの考え方として捉えて頂ければと思います。

質問:自分が大嫌い

回答4

人付き合いの難しさ

はなびさん、こんにちわ。 人付き合いの中でも、良い関係の人もいれば悪い関係の人もいたりするものです。 特に悪い関係の人とは一度そういう関係になると、余程のきっかけがなければ改善していくことは難しいですよね。 今回の例でいうと、なぜそういう関係になっているのか身に覚えが無さそうな状況ですが、何か要因はあったのかもしれません。 その要因は相手の方しか分からないのですが、他の方との接し方と全く違うのであれば、何かあったのかもしれませんね。 こういう場合には、いくら自分からコミュニケーションを取ろうしてたところで何も変わらないでしょうね。 となると、こうなってしまった原因を知るしか無いかもしれません。 ですが、はなびさんとっては理不尽なこともあり得る話であったり、ショックを受ける可能性もあり得る話です。 はなびさんが直接聞くことが出来ない状況でしょうから、同僚や上司などに相談してみることも必要かもしれませんね。 解決方法というわけではありませんが、こういう対処方法もあるということで捉えて頂ければと思います。

質問:嫌な人と向き合う方法

回答4

意識的に意図的に

Jeeetsさん、こんにちわ。 自分のことは自分が分かっているようで、実は自分のことがよく分からない、なんてことありますよね。 なぜか今日は機嫌が良かったり悪かったり、周りの人に言われて、ハッとしたりすることもあったりします。 一つ言えることは、自分は自分だということ。 多重人格?と思ったりすることもあるかもしれませんが、自分のことは自分が一番に受け入れてあげないといけないと思います。 そういう中で、少しづつでも意識してみたり、意図的に行動するようにしたり、自分のことを変えられるのも自分だということです。 周りの人に協力してもらうこともあっても良いかもしれません。 仲の良い友達に指摘してもらったりすることで意識して出来ることが増えるかもしれませんよ。 一つの考え方として捉えて頂ければと思います。

質問:私って何なのだろう。。。

回答4

どちらも許されない

so whatさん、こんにちわ。 暴力も暴言も相手を傷付ける行為です。 どちらの方なら許されるということはありません。 喧嘩をすることは夫婦生活の中ではあることでしょう。 しかし、相手を傷付けようとする行為として暴力であっても暴言であっても、どちらも非を認めなければいけません。 暴力にしても暴言にしても出てしまったら、すぐに謝るべきだと思います。 今後もぶつかることはあるかもしれませんが、今回のような暴力や暴言の応酬になるような形ではなく、どちらも許されないことであることを確認し、きちんと伝え合う形になるようにご夫婦間で話し合ってみた方が良いと思います。 一つの考えとして捉えて頂ければと思います。

質問:暴力か、暴言か

回答4