回答者詳細

Ai Qualia

TOP > 回答者詳細

ホセイン

拍手数89

回答数20

所属団体名 藤沢モスク
フリガナ フジサワモスク
所在地 〒2520807
神奈川県 藤沢市下土棚1745
電話番号 0466-53-9115

プロフィール

イスラームの教えに基いて生活しています。
幸せは心の平安によってもたらされます。
つらいこと、苦しいことをご相談ください。
あなたと共に心の平安を探していきたいと思います。

インシャアッラー。

回答一覧

思いを聞く

ハクナマタタさん、アッサラームアレイコム!ホセインと申します。私の娘はまだ2歳ですが、思春期の生徒たちに教育していた経験から回答させて頂きます。 まず、親にとって子どもはいつまでも「子ども」です。物理的に年齢を重ねて社会から「大人」と扱われる年齢になっても親にとって子どもは子供であり、いつでも気に掛ける存在であることに間違いありません。よく親離れ、子離れといいますが、親離れはできても子離れのほうが心理的にできないと思います。ですので、ハクナマタタさんのお気持ちはよく分かります。 ただ、思春期の特に男の子は「独立したい、親と同等になりたい、いやいや親を越えたい!」と思います。それは精神的な成長として当然のことですし、また社会的な動物である人間としては好ましい成長の表れかと思います。ですが、親としてはいつまでも子供のことが心配ですし、何かと口出しもしたい…それではこの葛藤をどう解決すれば良いのでしょうか。 私は、この時期の親子関係で大切なのは、親が一歩下がって、「子どもの気持ちを聞く」ことだと思います。ついつい親が子どもに一方的に話をしてしまいがちですが、思春期の子どもたちは人生で一番聞く耳を持たない時期です。成長ホルモンが「独立しろ!」と言っている時期ですから無理なのです。これは子どものせいでも親のせいでもなく、ホルモンのせいです。ですから、この時期は受容的に聞くことが大切かと思います。この聞くことをおろそかにすると親に何も話さなくなります。とにかく聞く、その場は聞くだけ。もし何か言いたいことがあれば、違う時に違う話題に絡めて話をする。または「そういえばこの前さ…」みたいにフランクに話をする。その方が子どもの心に落ちやすいかと思います。もちろん、子どもの考えがあまりにも突飛だったり、社会的に許されないことであれば話は別ですが、思春期においては「聞くことからコミュニケーションを始める」ことが大切かと思います。 私は新婚旅行がケニアだったのですが、スワヒリ語でハクナマタタは「問題ない」という意味だと教わりました。ハクナマタタさんの将来、お子様の将来も神様がお守りになってくださり、きっと問題ありません! 神様はあなたといつも共にあります。インシャアッラー。

質問:子供の成長

回答2

・学校が変わるより自分が変わるほうが尊い・裏切られても信じる

ショコラブレッドさん、アッサラームアレイコム!ホセインと申します。私は娘がまだ2歳なのですが、教育現場にいた経験から回答させて頂きます。 さて、私はショコラブレッドさんの娘さんがお持ちになっている「学校に行かなくては良いのではないか」という感覚は至極真っ当かと思います。昔のように教授されなくても、今でしたらネット等から様々な情報を自分で獲得することができます。ですから、学校に行かないで自分一人で家で学習する方がよほど効率的で、知識を深めることはできるかもしれません。では学校の意義とは何かといえば、ショコラブレッドさんが仰っているように共に学び、共に一つの目標に向かって活動することで共生の素晴らしさを感じることだと思います。しかしコロナ禍で生活様式が変わり、また昨今の働き方改革などもあり社会変革が進む現代にあってはその部分でも学校の存在意義は揺らぎつつあるかと思います。 また、学校の古めかしい校則はコロナ禍で大分改善されたとはいえ、おそらく大きくは改善されないかと思います。古めかしい校則は現代社会を生きる娘さんたちを縛り付け、その生活を苦しいものとしているかと思います。しかし、学校という組織はその上に教育委員会があり、更には文部科学省もあり、変化を嫌います。ですから私がお勧めしたいのは学校に変化を求めるのではなく自分自身の変化を優先すべきだということです。自分が変化する、つまり成長したほうが早いのです。また娘さんが抱える不満や不安なども誰かが解決してくれるわけではなく、自分で解決しなくてはなりません。娘さんの興味を聞き出し、それを学べる学習会やサークルなどを一緒に探してみるのもいいかもしれません。学校の卒業については娘さんの将来の夢などと鑑みて、必要であれば卒業はした方が良いかもしれませんので、その部分は娘さんと相談し、そして寄り添って頂ければと思います。 ショコラブレッドさんの上田様からの回答へのご返信を拝見しましたが、娘さんが約束を破ったりするとのこと。私の経験からしますと子どもは素晴らしい存在ですが、大人の意図通りには動きません。信用して裏切られ、信用して裏切られ、しかしそれでも信じ切ることが大切かと思います。そういったことを通して子どもは少しずつ成長し、社会に出ていくのかと思います。 すみません、長々と失礼しましたが、娘さんは自分が成長すること、そしてショコラブレッドさんは信じることを頑張ってみてください。いずれにしても神様は娘さんのことをおもうショコラブレッドさんのことを見守って下さっています。 インシャアッラー。

質問:親とは?学校とは?わからなくなる時があります

回答2

清貧こそ宗教の源泉

 マツイさん、アッサラームアレイコム!ホセインと申します。私も信仰に生きる一人の人間としてマツイさんのご質問にお答えしたいと思います。  現代社会には様々な宗教がありますが、残念ながらその教えの根本から離れ、拝金主義に陥っている宗教が多いように思います。私はほとんどの宗教の根本は「清貧」にあるかと思っています。バラモン教の権威主義と差別主義に対抗して成立した仏教は、悟りを開くために苦行を必要としました。カトリックの免罪符に対して、ルターは強く抗議し、キリスト教の新しい流れが成立するきっかけをつくりました。様々な宗教において刷新運動が歴史上起きていますが、それらは全て権力やお金との結びつきが深まりすぎた時に起きています。  ですからもしかしたらマツイさんが信仰する宗教についても新しい運動がおこるかもしれません。また本来、神とあなた自身との関係でしか信仰心ははかれませんから、もし教団などからの経済支援を断ってもあなたに罰があるとは思えません。もちろん教団は神の教えを沢山の人に知ってもらいたいので、お金を必要とすると思います。ただ、それとあなたの信仰心とは関係がありません。あなたができることを教団に施せれば十分かと思います。清く、質素に正しい行動をする信念を大切にしてください。  苦しい時、つらい時、あなたの心に信じるものがあるということが素晴らしいことだと思います。清貧に生きることの素晴らしさをマツイさんは感じられています。マツイさんに神のご加護がありますように。 インシャアッラー。

質問:宗教の意味合い

回答2

結婚生活、人類の永遠の課題です。

 starさん、アッサラームアレイコム!ホセインと申します。私も結婚12年が経ちました。もちろん未だに結婚生活の悩みは絶えません。そしておそらく生涯絶えることは無いかもしれません。新型コロナのような感染症との戦いが人類の永遠の課題であると同時に、人が社会的生物となって以降、結婚も人類の永遠の課題であると思います。参考になるか分かりませんがとりあえず私の結婚生活についてお話します。  私は12年間の結婚生活の中で3段階ほど自分が変わってきたと思っています。第1期は共働き時代です。夫婦ともに働き、特に妻は旅行会社に勤務していたため帰宅が深夜、または朝なんてこともありました。土曜日出社は毎週でした。そのため、日曜日は妻の起きてくるのは夕方頃…それこそなんのために働くのか分からない時期でした。その後の第2期。妻は仕事を辞めたのですが、今度は私が土日も出勤。早朝、深夜まで及ぶ業務。挙句の果てに娘が生まれた後も土日出勤で、それこそstarさんの旦那さんのように家事も子育ても一切やりませんでした。  そんなある日、帰宅すると鳴き声が聞こえてきました。部屋に入ると娘も妻も大号泣。聞くと、妻は手首が痛くて、娘を抱っこできなくなってしまい、でも娘は抱っこして欲しくて泣く。妻は娘を抱っこしたいのにしてあげられなくて泣く…凄惨な現場でした。私が娘を抱っこしたところで、いつも抱っこしていないのでもちろん泣き止むわけもなく…私はこの時に家族を一番大切にしようと決め、転職しました。  ここからの第3期は家族3人の時間が増え、私も毎日風呂掃除に取り組み、土日は掃除洗濯もしています。そして必ず土日は3人で近くの公園や動物園などに遊びに行くようになりました。お金はありませんが、楽しい日々です。  100点満点の結婚生活なんて無いと思いますが、誰もが家族との生活が平穏でありたいと思っていると思います。その平穏さについてご夫婦でお話になることは大切かと思います。お金なのか、それとも家族との時間なのか…そして旦那さんの人生において一番大切なの物は趣味なのか、家族なのか…もし旦那さんの平穏が趣味であり、一番大切なものも趣味であるなら、それはもう割り切って人生を歩むしかないかと思います。やはり結婚生活の維持には何らかの覚悟と言いますか決意が必要かと思います。  すみません、あまり答えになっていないかと思いますが神様はstar様の平穏をいつも願っておられます。  インシャアッラー。 

質問:結婚生活とはなんですか?

回答2

いつも同じ気持ちで

 いちごちゃんさん、アッサラームアレイコム!ホセインと申します。夫さんに優しくできないとのこと、いちごちゃんさんの心持ちに何か変化があったのでしょうか。もしかしたらいちごちゃんさんが夫さんに優しくできない何かがあったのかもしれませんが、私が妻と仲良く過ごすために気を付けていることを回答させて頂きたいと思います。  私も妻に優しくできないときがあります。例えば妻にこうして欲しいと思っていたのにされていなかった時。(家庭生活の中で言えば、例えば換気扇を切るなどの電気系統のスイッチチェックをして寝て欲しいのに、チェックされていなかった)娘に対してこうして欲しいと思ったのにされていなかった時。(娘と散歩に行ってほしかったのに行ってなかった)等様々思い当たるのですが、どうも今回のご質問に答えるにあたって考えたところ、「妻に期待をした時」が多いかと思います。期待をしてしまうと、それが果たされなかった時がっかりして優しくできなくなります。もしかしたらいちごちゃんさんは夫さんに過度な期待をしてしまっているのではないでしょうか。  私はできる限り他人(妻を含め)に期待をしないようにしています。期待をしていないのにもし私が望むことをしていてくれたら「ラッキー」ですが、期待してしまうとそのほとんどがなされませんから「アンラッキー」になってしまいます。これは私の人生経験から学んだことですが、期待をせずに生活していると毎日比較的同じ気持ちで過ごせます。同じ気持ちで過ごしていると、他人に対して辛くあたったり、優しくできなかったりということもなくいつも同じように接することができます。  もちろん妻が夫に期待することは当然です。(逆もしかり)ですが、人となりをある程度知ったうえで結婚したはずです。気持ちを整えるためにも過度な期待はせずいつも同じ気持ちで過ごすようにしたらいかがでしょうか。いちごちゃんさんが夫さんのことを大切に思っていることは神様が知ってらっしゃいます。  インシャアッラー。

質問:夫に優しく出来ない

回答3